備忘雑録

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 映画 > 国内

Comment (0)  Trackback (0)

ICHI

ICHI
監督:曽利文彦
原作:子母澤寛 脚本:浅野妙子
音楽:リサ・ジェラルド、マイケル・エドワーズ
出演:綾瀬はるか、中村獅童、窪塚洋介、竹内力、大沢たかお

五つ星評価:★★

子母沢寛原作で、勝新太郎の代表作でもあるアクション時代劇「座頭市」を大胆にも主人公を女性に置き換えたリメイク作。監督は「ピンポン」や「アップルシード」でも有名な曽利文彦。

三味線を手に1人で旅をする盲目の瞽女=(女旅芸人)の市(綾瀬はるか)は、チンピラとのいざこざで浪人の藤平十馬(大沢たかお)と出会う。十馬は市を助けようとするも、手が震えて刀を抜けないでいた。そんな中、市はチンピラを居合いで倒してしまう。二人はとある宿場町へとたどり着くが、そこは街を仕切る白川組と万鬼一党が争う所だった。

最近でも北野武が演じたことでも若い人が「座頭市」を知っていることも多いはずだ。今回はそれを旬の女優綾瀬はるか主演によって、女性版の「座頭市」をやってしまおうというわけ。
コンセプトそのものは面白いと思う。キリッとした女性主人公が、男性を圧倒する姿は面白いし、最近の流れを汲んでいるものであろう。

主演の綾瀬はるかは最近の映画では引っ張りだこで「僕の彼女はサイボーグ」でも難しい役どころを上手く演じていたと思う(出来はどうであれ・・・
本作においても、盲目という役をそつなく演じている。ほとんど目を見開いた状態での演技はなかなか難しいところである。
殺陣のシーンでもスタントは使わず、ちゃんと本人が華麗に演じたことは評価が出来る。

が、アクション時代劇において要である殺陣のシーンはスローモーションの連続。本当にがっかりしてしまう。居合いのアクションは瞬間であるからこそ栄える。居合いをスローモーションにしてしまうのは如何なものか。個人的に、スローモーションという映像効果は、よほどのシーンでない限り、使うことはただの逃げであると思っている。綾瀬はるかの居合いの粗を隠すためなのか、殺陣の美しさ重視のためなのか、早回しの部分もあってもいいのにほとんどのシーンをこうしてしまって、アクションの面白さが全くない。
しかも、その殺陣自体も、特別趣向を凝らしたものでもなく、いたってプレーンな撮り方だ。「ピンポン」であれだけカメラワークを凝らし、「アップルシード」などアニメーション的カメラワークも分かっている曽利文彦なのに、なんの工夫もない。これが時代考証に拘らないエンターテイメント時代劇だって?それは買被り過ぎだ。

脇を固める役者人も微妙。
大沢たかお扮する刀を抜けない侍も、ひょうきんな演技はいいとしても、実は刀を抜けば強いといわれても、そんな風には全く見えないし、単なる足手まといにしか見えない。この映画において、市の心を動かす程の男には映っていない。
窪塚洋介も、時代劇には合っていないのか、どうも馴染んでいない。迫力もないし、活舌も悪いのか、チンピラが吼えているようにしか見えない。
中村獅童も演技でカバーしているが、どうも子悪党にしか見えない。「万鬼はそこいらの悪党とは違うんだ」と言われても、そうは見えない。顔が醜いという要素も、映画でなんの役割を果たしているのか。やられてから、見せられても「ふ~ん」という程度だ。
このあたりはミスキャスト、ミス演出ばかりだ。

市は父を探すための旅をしているわけだが、本作において父親のエピソードや市のトラウマとなるエピソードが描かれていても、そこに映し出される市の心は何を考えているか分かりにくく、自分に関わろうとする人間は潔く切ろうとするし、万鬼が父との関わりを持っているように見せても、何の進展もない。男女の物語としても、市と十馬との出会いが、市に大きな変化を与えるほどの話にも見えない。どれも中途半端で、脚本が微妙としか思えない。

アクション映画として爽快感を求めるなら無理だし、男女の物語としても何だか腑に落ちない。綾瀬はるかを見るためだけの映画となってしまった。
関連記事

Comments






About

SUKEKIYO

Author:SUKEKIYO
些末な事柄や趣味を備忘録として残す私的雑記

◆虚心坦懐
◆格致日新
◆"やらない、考えない"で悪罵を垂れるのはみっともない
◆原典、関連作品は出来る限り触れる心構え
自己満足と自戒を込めた点取表
-★1(~30):ダメダメ
-★2(~50):イマイチ
-★3(~70):普通に
-★4(~85):イイネ!
-★5(~100):サイコー!!

Category
Counter
Log



SUKEKIYOさんの読書メーター
SUKEKIYOさんの鑑賞メーター
Recommended
「催眠術Re」応援中!

1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 2017
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。