備忘雑録

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 映画 > 国外

Comment (0)  Trackback (0)

007/慰めの報酬

007 慰めの報酬
監督:マーク・フォースター
原作:イアン・フレミング 脚本:ジョシュア・ゼトゥマー、ポール・ハギス、ニール・パーヴィス、ロバート・ウェイド
音楽:デヴィッド・アーノルド
出演:ダニエル・クレイグ、オルガ・キュリレンコ、マチュー・アマルリック、ジュディ・デンチ

五つ星評価:★★

人気スパイ映画007シリーズの第22弾。
「QUANTUM OF SOLACE」は原作者イアン・フレミングの短篇集「007号の冒険(007/薔薇と拳銃)」に収録されている一篇(収録題「ナッソーの夜」)から取られているというが、内容は別もの。

愛する女性ヴェスパーを失くしたジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)は、彼女を操っていた組織に繋がりのあるミスター・ホワイト(イェスパー・クリステンセン)を拘束し、その裏に新たな悪の陰謀を知る。その謎を負う中で、ドミニク・グリーン(マチュー・アマルリック)に辿りつく。彼は南米のある政府の転覆と同地の天然資源を手にして、世界を支配しようとしていた。

再度原点回帰を狙ったダニエル・クレイグのジェームズ・ボンドは、シリアスさを前面に押し出し大ヒットとなったが、今作もその流れは変えてはいない。

前作「カジノ・ロワイヤル」から設定は1時間後ということで、初の続編作品となっている。
そのため前作を知っていることが前提(そのあたりの不親切さはやや不満だが

後編にも当たる今作は、復讐に燃えるジェームズ・ボンドが真のエージェントとして成長する物語と言える。愛した人の死を引きずり、口では任務に忠実としながらも、行く先々で人を殺していってしまう。ボンドの心の葛藤を描き、人間臭さを感じられるのはシリーズでも珍しい。

人間ドラマが得意なマーク・フォスター監督ではあるが、退屈な部類に入るかもしれない。

そして、見所はやはりダニエル・クレイグ自身が体を張ったスタントのアクションシーンの数々である。走っては跳んで、落ちるまくる。カーアクションはあり、肉弾戦あり、空戦ありと、今流行りのリアリティを重視した臨場感あるシーンが多い。

ここまで書くとどうしても比較してしまうのが、「ボーン」シリーズであろう。恐らくかなりの影響を受けているはずだ。しかし、そうして見るとかなり質は落ちる

冒頭のカーアクションにしろ、追跡にしても、アクションの激しさを演出するためにカット割りが激しいのだが、あまり上手い出来とは言えない。暗めなシーンも多く、状況が把握し難い。

しかも、それら見せ場というものがTVCMや予告で使われたモノ以外に、目新しいシーンがほぼないというのは如何なものか。
カーチェイスと屋根の上の追跡劇以外盛り上がりに欠ける。

とは言っても、最後にお馴染みのガンバレル・シークエンスが復活するのは感慨深い
あくまでも誕生までのお話。これからどういった見せ方をするか、楽しみではある。

僕個人はピアース・ブロスナン世代なので、ユーモアがありつつスマートにこなすボンドに慣れ親しんでいるので、そうした要素が入り込まないとは限らないが、まず今のシリアス路線であろう。

次からはアクションに加え、007シリーズの目玉であるボンド・ガジェットが復活することに期待はしている。
物語自身、真の黒幕は分からず仕舞いで謎を残し終わっているので、このまま連続したストーリーで展開していくことが予想できるので楽しみではある。

ギレルモ・デル・トロとアルフォンソ・キュアロンがカメオ出演していると言うが、分かるはずも無い。
関連記事

Comments






About

SUKEKIYO

Author:SUKEKIYO
些末な事柄や趣味を備忘録として残す私的雑記

◆虚心坦懐
◆格致日新
◆"やらない、考えない"で悪罵を垂れるのはみっともない
◆原典、関連作品は出来る限り触れる心構え
自己満足と自戒を込めた点取表
-★1(~30):ダメダメ
-★2(~50):イマイチ
-★3(~70):普通に
-★4(~85):イイネ!
-★5(~100):サイコー!!

Category
Counter
Log



SUKEKIYOさんの読書メーター
SUKEKIYOさんの鑑賞メーター
Recommended
「催眠術Re」応援中!

12345678910111213141516171819202122232425262728293006 2017
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。