備忘雑録

Category: 映画 > 国外

Comment (0)  Trackback (0)

ダークナイト

ダークナイト
監督:クリストファー・ノーラン
脚本:デヴィッド・S・ゴイヤー、クリストファー・ノーラン、ジョナサン・ノーラン
出演:クリスチャン・ベール、マイケル・ケイン、ヒース・レジャー、マギー・ギレンホール

五つ星評価:★★★★★

前作『バットマン ビギンズ』(05年)からクリストファー・ノーランがメガホンを取って新たに作り出された新バットマンシリーズの最新作

前作からリアル志向を前面に押し出し圧倒的スケールで描かれたバットマンは見事大当たりして、アメリカでは興行成績を塗り変えるほどの勢いを出してるのは知っての通り(日本じゃそれほどじゃないのが悲しいなぁ・・・

カーチェイスの迫力、メカ好きには堪らないバットポッドの演出や、建物丸ごとを吹っ飛ばしちゃったりとネックと思っていた2時間32分が全くダレずに見れた。
それより何より今年1月に亡くなったヒース・レジャーの演じるジョーカーがとにかく凄い!いやー、あれは凄いと思いますわ。
ジャック・ニコルソンが演じたジョーカーなんて目じゃないほどの存在感を出してた。とにかく怖い!狂気を孕みつつも、病院爆破のシーンでは妙にコミカルな演技が面白い。本当に『ブロークン・マウンテン』に出てた彼と同じなのかと疑うほどキャラに没頭していることが分かる。間違いなく原作ファンが待ち望んだ姿であると言える。

事前情報少なめで行ったのでまさかあのキャラまで登場するとは思っても見なかった

ストーリーもただ単にヒーロー映画としてではなく、バットマンの登場により生み出された悪を打破するため、踏み込んではいけない領域を侵さざるを得なくなるバットマン。 その結果がタイトルにもなっている『ダーク・ナイト』にも繋がってくる。

ハンス・ジマー&ジェイムス・ニュートン・ハワードによるBGMもやたらと重厚で、聞惚れてしまう(箱○に入れたいくらい

クリスチャン・ベールも大物になったなぁ、と思っちゃうな。『リベリオン』とか『サラマンダー』のB級傑作の姿は何処へ・・・。この勢いなら続編は確実に作られるだろうし、ターミネーター新シリーズの出演も決まってるし、一気に株が上がってしまった感がある

不満点を上げるとすると、ラストがそれほど派手ではないことかな(作品上しょうがないけど
あとはヒロインのレイチェル・ドーズを演じるのがマギー・ギレンホールに変わったことですかね。正直最初見た時「あれ?ケイティ・ホームズってこんな酷かったっけ?(どちらもそれほどじゃないけど」と思ってしまった。似たような顔を選んだことは偉いけど、やっぱり違和感はあるかなぁ・・・。『ハムナプトラ3』のレイチェル・ワイズがマリア・ベロに変わったほどの違和感がある(それは言いすぎ

兎にも角にもこの作品は劇場で見ないと損すると思う

ということで、まだまだ文も拙いし、書ききれないことも多々あるけど、この調子で書けたらいいなぁ・・・(三日坊主的な意味で
関連記事

Comments






About

SUKEKIYO

Author:SUKEKIYO
些末な事柄や趣味を備忘録として残す私的雑記

◆虚心坦懐
◆格致日新
◆"やらない、考えない"で悪罵を垂れるのはみっともない
◆原典、関連作品は出来る限り触れる心構え
自己満足と自戒を込めた点取表
-★1(~30):ダメダメ
-★2(~50):イマイチ
-★3(~70):普通に
-★4(~85):イイネ!
-★5(~100):サイコー!!

Category
Counter
Log



SUKEKIYOさんの読書メーター
SUKEKIYOさんの鑑賞メーター
Recommended
「催眠術Re」応援中!

1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 2019