備忘雑録

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 映画 > 国内

Comment (0)  Trackback (0)

僕の初恋をキミに捧ぐ

僕の初恋をキミに捧ぐ
監督:新城毅彦 原作:青木琴美 脚本:坂東賢治
出演:井上真央、岡田将生、細田よしひこ、原田夏希、仲村トオル

五つ星評価:★★★

青木琴美原作による「僕は妹に恋をする」のスピンオフ作品である少女漫画を映画化。

少女漫画の王道(笑)の「純愛」「病」をテーマに、ダラダラとした女々しい展開、全く締める気の無いラストが恒例になっているような"どーしようもない"原作を、エピソードの要所要所を摘みながら、タクマとマユに物語をフォーカスして等身大の恋愛劇(漫画的妄想の範囲でだが)にした堅実な作り。

タクマのキャラを感情移入しやすいような穏和な雰囲気の青年に変更したのは○。岡田将生の演技も合わさってウザったくなく良い印象に(病のくせに無敵という設定はなくなってないが・・・)

前半はこっ恥ずかしい展開を、そのままに描いているので、入学式の部分や昂の痛々しさなどは失笑もの。良い意味でのツッコミの連続。

原作ではアリエナイだろ!と言いたくなる中学時代のエピソードをバッサリと削って、タクマとマユの恥ずかしい恋人っぷりにしたのは、当たり前の仕事ながら良い選択(二人が浮いているのは確かだけど)。

後半は結構マトモな展開で、原作のグダグダっぷりを上手く高校時代の中に纏めて落とし込んでいる。原作では単なる付属品でしかない病への焦り、移植への葛藤をテーマとした部分の描き方は、元よりも遥かに良い。殊更泣かせようとする死を煽った描写でもなく、あっさりさせているのも、まあ良い。

ともあれ、別段泣けるような作品ではないが、制作側の「どうしようもないクソみたいな漫画でも、描き直せばこのくらいにはなるよ(笑)」というような心の声みたいなものは感じられた。「僕妹」のような方向性を見誤った作りにせずに作られているので、思ったよりはまぁまぁな出来。

それにしても、女の子って純愛、死とかが描かれるとどうしてそんなに泣けるんでしょうかね?
開始10分で横の女の子とか泣いてたけど・・・
関連記事

Comments






About

SUKEKIYO

Author:SUKEKIYO
些末な事柄や趣味を備忘録として残す私的雑記

◆虚心坦懐
◆格致日新
◆"やらない、考えない"で悪罵を垂れるのはみっともない
◆原典、関連作品は出来る限り触れる心構え
自己満足と自戒を込めた点取表
-★1(~30):ダメダメ
-★2(~50):イマイチ
-★3(~70):普通に
-★4(~85):イイネ!
-★5(~100):サイコー!!

Category
Counter
Log



SUKEKIYOさんの読書メーター
SUKEKIYOさんの鑑賞メーター
Recommended
「催眠術Re」応援中!

1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 2017
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。