備忘雑録

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 映画 > アニメ・特撮

Comment (0)  Trackback (0)

いばらの王 -King of Thorn-

いばらの王 -King of Thorn-
監督:片山一良 原作:岩原裕二 脚本:山口宏、片山一良 キャラクターデザイン:松原秀典 モンスターデザイン:安藤賢司 メカニックデザイン:山根公利 制作:サンライズ
声優:花澤香菜、森川智之、乃村健次、矢島晶子、大原さやか、三木眞一郎

五つ星評価:★★★★


 岩原裕二の同名漫画を映画化。

 まず何より、要素の詰込み過ぎ感があった原作を整理、再構成し、映画冒頭から設定、伏線を段取り良く明瞭に提示していたり、若干ながら物語をリアル方向へシフトさせたり、バトル漫画の方向へ転がってしまっていた原作終盤を改変していたり、または題名からも分かる通り着想元であるはずの“いばら姫”のモチーフをしっかり物語に絡ませる等、映像化に際しての取捨選択が絶妙。

 「スチームボーイ」「FREEDOM」等を制作したサンライズスタッフが関わっているだけあって、全体的作画や背景作画、アクションシーンにおけるCGモデリング等レベルはこの手の単館系重視の作品としては割と高め。とはいえ階段シーンなど、どうしてそこでCGを使うんだというシーンに限って違和感が出てしまっているところも。

 謎解きにあたってフラッシュバックが多様されていたり、小難しい用語が飛び交う説明過多な内容で複雑とはいえ、決して理解不能な程の構造でもなく、この程度で難解だから糞と言っている層は無理解過ぎるだろう。

 ここ近年観る事がなかったサバイバルSFアニメとしては頗る秀逸な出来。
関連記事

Comments






About

SUKEKIYO

Author:SUKEKIYO
些末な事柄や趣味を備忘録として残す私的雑記

◆虚心坦懐
◆格致日新
◆"やらない、考えない"で悪罵を垂れるのはみっともない
◆原典、関連作品は出来る限り触れる心構え
自己満足と自戒を込めた点取表
-★1(~30):ダメダメ
-★2(~50):イマイチ
-★3(~70):普通に
-★4(~85):イイネ!
-★5(~100):サイコー!!

Category
Counter
Log



SUKEKIYOさんの読書メーター
SUKEKIYOさんの鑑賞メーター
Recommended
「催眠術Re」応援中!

12345678910111213141516171819202122232425262728293006 2017
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。