備忘雑録

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 映画 > 国外

Comment (0)  Trackback (0)

運命のボタン

運命のボタン
監督:リチャード・ケリー 原作:リチャード・マシスン 脚本:リチャード・ケリー
出演:キャメロン・ディアス、ジェームズ・マースデン、フランク・ランジェラ

五つ星評価:★


 リチャード・マシスンのSSストーリーを元に映画化。

 「世にも奇妙な物語」のネタっぽさからも分かる様に、本家「新トワイライト・ゾーン」でも映像化されているホラーではあるが、そうした願望実現代償型ストーリーのオリジンはジェイコブズの「猿の手」であり、原作はそれの亜流といえる。

 本作の場合、映画化に際して大幅に脚色がなされており、劇中何度も示されるサルトルの「出口なし」が示す様な不条理劇として見せており、一度落ちてしまった愚かな行いからは逃れられないとの皮肉めいた寓話性は十分に理解出来る。と、そうした改変自体はいいのだが、本筋自体は掴みどころが無いまま進み退屈。

 SFオカルトなトンデモの方向性が嫌いではないが、とにかく尺を延ばすためだけの設定改変に感じられ、クライマックスに至るまでクドい展開に終始。流石にこの物語ならば2時間もやる必要なく、コンパクトに纏めた方が良かったかと。
関連記事

Comments






About

SUKEKIYO

Author:SUKEKIYO
些末な事柄や趣味を備忘録として残す私的雑記

◆虚心坦懐
◆格致日新
◆"やらない、考えない"で悪罵を垂れるのはみっともない
◆原典、関連作品は出来る限り触れる心構え
自己満足と自戒を込めた点取表
-★1(~30):ダメダメ
-★2(~50):イマイチ
-★3(~70):普通に
-★4(~85):イイネ!
-★5(~100):サイコー!!

Category
Counter
Log



SUKEKIYOさんの読書メーター
SUKEKIYOさんの鑑賞メーター
Recommended
「催眠術Re」応援中!

12345678910111213141516171819202122232425262728293009 2017
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。