備忘雑録

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 映画 > アニメ・特撮

Comment (0)  Trackback (0)

大決戦!超ウルトラ8兄弟

大決戦!超ウルトラ8兄弟
監督・特技監督:八木毅
脚本:長谷川圭一
出演:長野博、つるの剛士、吉岡毅志、五十嵐隼士、黒部進、森次晃嗣、団時朗、高峰圭二

五つ星評価:★★★

世代を超えたヒーローとして今もなお人気を博す存在、ウルトラマン。どストライクな世代ではないものの、とにかくビデオを借りて見まくっていた。この年になってもなぜか熱は冷めない。そんな大人達、そして平成シリーズで育った子ども達をターゲットに、今回は平成三部作「ティガ」「ダイナ」「ガイア」を共闘させようというもの(「超時空の大決戦」の時のリベンジ!)

子供の頃、それぞれに夢を抱きながら、ウルトラマンをテレビで見ていたダイゴ達は大人になり平凡な生活を送っていた。そんな中、横浜の街に蜃気楼が出現しダイゴはウルトラマンや怪獣に関する不思議な体験をし始める。それが現実のものとなって怪獣が街に出現する・・・。

そもそも平成三部作のウルトラマン達は旧ウルトラ戦士達M78星雲とは関係性のない、新たなシリーズとして作り出された。そのため旧シリーズと絡めるために、本作ではウルトラマンが存在する世界とは違うパラレルワールド、ウルトラマンはテレビの中だけの存在、とのコンセプトでやってのけよういうもの。

正直、シナリオの出来自体は前作の方が数段上であるように感じる。構成も前作と似たようなもので、怪獣が現れ新世代のウルトラ戦士が戦うがピンチに、そこに旧世代のウルトラマンが助けに入る。そして、合体怪獣が登場。といった一連の流れ自体は前作と変わらないので新鮮味は少ない。

が、やはり各ウルトラマンが各々の登場方法で出てくるのには感動。ガイアの土煙上げながら登場するシーンなど胸熱。

旧シリーズのハヤタ達には歴代のヒロイン達が奥さん役で登場し、またその子供には実子が出るという力の入れようである。その歴代ヒロイン達は劇中でフラダンスを踊るといったサービスっぷりである。
各作品の脇役達がチラリと出演したり、旧シリーズの戦闘機が登場するなどファンならニヤケてしまうネタの散りバメは面白い。

メビウスが旧戦士、平成三部作シリーズの戦士との繋がりを作るための引き立て役としか機能しなかったのは何とも勿体ない(ヒッポリト星人にブロンズ像にされ空気と化す不名誉な有様
関連記事

Comments






About

SUKEKIYO

Author:SUKEKIYO
些末な事柄や趣味を備忘録として残す私的雑記

◆虚心坦懐
◆格致日新
◆"やらない、考えない"で悪罵を垂れるのはみっともない
◆原典、関連作品は出来る限り触れる心構え
自己満足と自戒を込めた点取表
-★1(~30):ダメダメ
-★2(~50):イマイチ
-★3(~70):普通に
-★4(~85):イイネ!
-★5(~100):サイコー!!

Category
Counter
Log



SUKEKIYOさんの読書メーター
SUKEKIYOさんの鑑賞メーター
Recommended
「催眠術Re」応援中!

1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 2017
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。