備忘雑録

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: テレビ > 感想

Comment (0)  Trackback (0)

2011年3-4月終了アニメ&ドラマ 雑感

みつどもえ 増量中!:★★★★★

若手アニメーター育成プロジェクト PROJECT A 『おぢいさんのランプ』:★★★★★

若手アニメーター育成プロジェクト PROJECT A 『キズナ一撃』:★★★★★

君に届け 2ND SEASON:★★★★★

放浪息子:★★★★★

魔法少女まどか★マギカ:★★★★★

SDガンダム三国伝 Brave Battle Warriors:★★★★

若手アニメーター育成プロジェクト PROJECT A 『たんすわらし』:★★★★

レベルE:★★★★

テガミバチ REVERSE:★★★

お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!:★★★
-兄妹だけでは全く盛り上がらないのだが、幼馴染、クラスメイト、との変態キャラクターによる三つ巴が始まるとスラップスティックなエロコメで楽しめる。ヘンタイ兄の性態観察をするヘンタイ妹、幼馴染、クラスメイト・・・の性態観察をするヘンタイ視聴者、とのオカシな構図は想像すると笑える。

バクマン。:★★★

とある魔術の禁書目録II:★★★
-構成に難あり。

ジュエルペット てぃんくる☆:★★★

STAR DRIVER 輝きのタクト:★★★
-登場シーンや必殺技であったり、または悪の組織に象徴される、特撮モノの趣きや作画のクオリティの確かさはともかく、対称となるタクトとスガタ両者の描き方やバトルの勝敗を左右する要素、ストーリー展開であっても、説得力やケレン味となるバックボーンの描写の薄さがネックとなっており、総じて作品全体の面白さを弱めてしまっているかと。というのは毎回のボンズの課題か。

IS<インフィニット・ストラトス>:★★★
-男女逆転やISといった作品世界設定自体、シチュエーションのためだけで、あまり意味ある要素でないのは確かだが、そんなのは割とどうでもよく、王道的テンプレなハーレムラブコメが充実しており楽しめる。

ウルヴァリン:★★

スーパーロボット大戦OG -ジ・インスペクター-:★★
-話は大雑把過ぎるが、各ユニット毎の見せ場を万遍なく配置して見せ切った点を良しとするか。

ドラゴンクライシス!:★★

Rio-Rainbow Gate!- リオ レインボーゲート:★★

フラクタル:★★
-監督自身が多大な影響を受けた宮崎アニメへのトリビュート的、王道ボーイミーツガールファンタジーの復刻、との狙いは理解出来、また演出面でもキャラクターの言動、掛け合いのテンポ等は上手く、やはり技量の確かさは感じられる。のだが、監督の過去作からも分かる様に、テンプレートなキャラクター、構図を、テンプレ的に的確に最大限描く事で面白さを生じさせるタイプの作家性なだけに、原作、脚本に大きく依存していると言え、今回の場合、前提となる世界観及びキャラクターの周到が表層的なそれに留まってしまい、特に意外性もなく、第一印象からの掘り下げが展開と同時に感じられなかった事がまず問題。フラクタルシステム、フリュネとネッサの関係性等、拘りの無さにそれが出ている。現在を寓意した批判的メタ視点で描く意図とは別に、それ自体「どこかで見た様な」焼き直しでしかないあざとさが鼻につき、一方で娯楽作品として悉く盛り上がりに欠けてしまっている、という中途半端な内容に。自己完結的最終回がその証左か。酷評する程ではないにしても、上っ面な内容に終始してしまったのは東のせい?

若手アニメーター育成プロジェクト PROJECT A 『万能野菜ニンニンマン』:★

これはゾンビですか?:★

夢喰いメリー:★

フリージング:★

相棒season9:★★★

ホンボシ ~心理特捜事件簿~:★★★
-LADY、ホンボシ、CONTROLと犯罪心理モノがやたらと被っていたが、本作の場合、心理学だけでなくキャラクター各々に明確な役割を持ったチームモノ、またミステリーモノ、刑事ドラマとしても毎話工夫されており、今期同ジャンルでは一段上の出来に。

スクール!!:★★★

デカワンコ:★★★
-多部未華子のためにあるとしか言いようがないゴスロリキャラクターによる、リアクション顔芸と演技だけで御飯が何杯もいける。刑事ドラマというよりも、太陽にほえろ!等々をとしたパロディ、ボケとツッコミのやりとりの緩めのキャラクターコメディが面白い。

CONTROL~犯罪心理捜査~:★
-大学教授と女刑事のバディモノ、との方向性は同局の「ガリレオ」まんまの構図だが、心理学が犯罪捜査において細かく活かされている事も、人間の心の負の面を追及する事も、またはバディモノとして面白い展開があるわけでもない、と内容まで似通っている中途半端な出来は同局らしいドラマと言えばらしい。松下奈緒の勝ち馬に乗っただけか。

外交官 黒田康作:★
-やっている内容は映画と大して変わっているとは思えず。分かりきっている伏線が無駄に煽られたり、引き伸ばされたり、全体的に間延び。

完走した作品から順に。随時更新。
関連記事

Comments






About

SUKEKIYO

Author:SUKEKIYO
些末な事柄や趣味を備忘録として残す私的雑記

◆虚心坦懐
◆格致日新
◆"やらない、考えない"で悪罵を垂れるのはみっともない
◆原典、関連作品は出来る限り触れる心構え
自己満足と自戒を込めた点取表
-★1(~30):ダメダメ
-★2(~50):イマイチ
-★3(~70):普通に
-★4(~85):イイネ!
-★5(~100):サイコー!!

Category
Counter
Log



SUKEKIYOさんの読書メーター
SUKEKIYOさんの鑑賞メーター
Recommended
「催眠術Re」応援中!

1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 2017
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。