備忘雑録

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 映画 > アニメ・特撮

Comment (0)  Trackback (0)

スカイ・クロラ The Sky Crawlers

スカイ・クロラ
監督:押井守
原作:森博嗣 脚本:伊藤ちひろ
音楽:川井憲次 
声優:菊地凛子、加瀬亮、谷原章介、栗山千明

五つ星評価:★★★

森博嗣原作の『スカイ・クロラ』シリーズの劇場化。決して年をとらない少年達キルドレの、戦争に借り出される自分達の矛盾や葛藤に苦しみながら戦う姿を描く。

これでもか!っていうぐらいの戦闘機による空中戦、ドッグファイトは見もの。3DCGで描かれながらも、練られた構図、細部まで拘った重厚な作りは押井守の得意とするだけあって素晴らしい出来。銃撃音などの迫力あるSEを聞くと、相当拘っているのはよく分かる。「いいとも!!」でタモリさんと戦闘機について熱く語っただけはありますね。

ストーリーは正直単調で、それほど派手なものはない。原作者自身が「どうして映り栄えしないこの作品を選んだのか」っていうぐらいだから。ドッグファイトを描きたいがために映像化したんじゃないのかー!、って言いたいほど。ただ『イノセンス』の時のような哲学的テーマではなく、戦争や子供といった題材なため、理解に苦しむっていう程ではないはず。

戦争というショーによって得られる平和、企業利益としての戦争、キルドレ達が使い捨てられる戦争・・・。

声優に関してだけど、やっぱり菊地凛子、加瀬亮は最後まで慣れなかったなぁ・・・。特に菊地凛子には。ベテラン声優人も多く出演しているので、浮いてる感があった。
『ベクシル』の時にも思ったけど、谷原章介に関しては合格点以上だと思う。相当上手い。やっぱり、安易に俳優陣を声優として投入するのには限界があると感じてしまう。

音楽はテレビ、映画、ゲーム、アニメなど幅広く活躍するベテラン川井憲次。所謂「川井節」と言われる独特の音楽は、正直な話僕はあまり良いとは思わない。かっこよくないわけではないんだけれども、どうも氏が作られる曲は、言葉にはし難いが"盛り上がりに欠ける"と毎回思ってしまう。良いんだけれど、何かが欠けている印象をいつも感じる。
特に短いシーンでの盛り上がりが必要なアニメにはとても大事だと思うのだが、川井氏の曲は、いつも拍子抜けしてしまう。
しかし、今回のような「静」の多い、落ち着きのある作品にはとても良い、馴染む曲を提供されているとは思った。

宮崎駿、北野武、押井守作品がベネチア映画祭に出展される!といってテレビ報道が多くなされ、それなら見に行こうとした一般人は多いんじゃないかなぁ。多分その人たちはあのファーストシーンで面食らったはず。そら、普通の人たちはそこまで突っ込んでアニメなんて見ないだろうし、押井守なんて言われたって分からないだろうしなぁ。
見終わった後に「意味が分からなかったなぁ」っていう言葉が出るのは目に見えてた。『イノセンス』の時もそう。基本的に宮崎駿に慣れた人達に対しては対極の作品と言える。そういう意味では一般人お断りな作品なのかもしれない。
関連記事

Comments






About

SUKEKIYO

Author:SUKEKIYO
些末な事柄や趣味を備忘録として残す私的雑記

◆虚心坦懐
◆格致日新
◆"やらない、考えない"で悪罵を垂れるのはみっともない
◆原典、関連作品は出来る限り触れる心構え
自己満足と自戒を込めた点取表
-★1(~30):ダメダメ
-★2(~50):イマイチ
-★3(~70):普通に
-★4(~85):イイネ!
-★5(~100):サイコー!!

Category
Counter
Log



SUKEKIYOさんの読書メーター
SUKEKIYOさんの鑑賞メーター
Recommended
「催眠術Re」応援中!

1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 2017
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。